なにかしら専門分野を持っている人

専門分野のスキルを正当に評価してくれる企業に転職しよう

社会的に需要が高まっている専門分野を持っている人は、外資系企業で高い評価を受けやすいという特徴があります。特に、世界的にシェアを広げている外資系企業をはじめとして、ITや医療、機械などの分野に長けた人を高待遇で採用しているところが増えています。最近では、顧客や取引先に対するアピールの一環として、専門性の高い資格を持つ従業員に高額な手当を支給したり、管理職などの重要なポストに配置したりしている外資系企業も少なくありません。そうした中、外資系転職を成功させるうえで、それぞれの企業で必要とされるスキルや資格についてじっくりと判断したり、自分から積極的に人事担当者にアプローチをしたりすることが大切です。

採用後に専門分野の研修を受けられる企業を選ぼう

中途採用で外資系企業の専門性が高い職種にチャレンジをしたい場合には、採用後に継続して専門分野の研修を受けられる企業を選ぶことが重要です。たとえば、機械工学や化学、物理などの理系分野の専門的なスキルを習得するためには、日頃から難易度が高い仕事を担当するだけでなく、少なくとも数年間にわたり適切な教育を受ける必要があります。外資系企業によっては、若手の中途採用者が無理なく仕事に取り組めるように、先輩社員が職場内で仕事上の相談を受け付けたり、スキルアップに繋がる助言をしたりしているところもあります。そこで、企業ごとの中途採用者に対する具体的なサポートの内容について、採用試験を受ける前に把握しておきましょう。