必要な英語力は企業や職種によってさまざま

英語力があると転職に有利な場合も

外資系企業に勤めるためには、英語力があると有利になる場合が少なくありません。特に、海外勤務を希望する人にとって、ビジネス英語を駆使できることは絶対的な条件ではないでしょうか。英語は世界共通の言語であり、スムーズな意思疎通のためにも欠かせない存在です。そのため、国内にある外資系企業のなかには、社内公用語に英語を使うところも珍しくないのです。英語力を身に付けるには日々の研鑽が大事な鍵を握ります。海外勤務を目指す人はもちろんのこと、海外の本店や支店とのやり取りが多い職種の場合も英語力の高さが問われます。外資系企業への転職を勝ち取るためにも、しっかり事前準備したいところです。TOEICのスコアアップを目指すなど、地道な努力を積み重ねていきましょう。

英語を使わない職種も少なくない

外資系企業に勤務しても、英語でのやり取りが必要な企業ばかりではありません。取引先が国内だけの場合は、日本語でのやり取りができるからです。また、外部と接する機会が少ない職種では、日ごろのやり取りも少なくて済みますよね。このような事情もあり、外資系企業で働くために英語力が必須ではないことを知っておきましょう。もちろん、社内や部署内での報連相など、最低限のやり取りが欠かせないのはいうまでもありません。そのうえで、英語力を身に付けるなど前向きな気持ちが大切です。さらに、英語に限らず、常にいろいろなことに興味を持って自分を高めていきたいものです。これまで以上によい仕事と出会うためにも、常に前向きな姿勢を維持していきましょう。