直属の上司とよい関係を築ける人

外資系企業で、直属の上司とよい関係を築く人の特徴は?

外資系企業に転職して成功を収めるには、直属の上司から良い評価を受けることが極めて重要です。というのは、外資系企業においては、直属上司の有する人事権は、日本企業の人事部門に相当すると言っても過言ではないくらい強大であることが多いからです。そこで、外資系企業で直属の上司の高い評価を受けている人をみると、そうした人は直属の上司とよい関係を築けているケースが多いです。では、直属の上司とよい関係が築けている人の特徴をみてみると、まずは仕事能力が高いという特徴があります。これはつまり、直属の上司の求めを的確に理解して仕事を遂行できることを指しています。さらに、コミュニケーション能力が高いという特徴もあります。これはつまり、直属の上司との意思疎通を円滑かつ良好に行えることを指しています。

外資系企業で、直属の上司とよい関係を築ける人になるためには?

外資系企業に転職して、直属の上司とよい関係を築ける人になるためには、まずは、自身の専門的知識や技能を高めておくことが重要です。過去の実務経験をベースにしながらも、不足する知識や技能を自分で勉強して補うというスキルアップの姿勢が必要です。次に、コミュニケーション能力を高めておくことも非常に重要です。特に外資系企業の場合は、英語を始めとして、高い語学力が求められます。日々、リスニングやスピーキングの能力を磨いておくことが肝要です。さらに、ロジカルな思考力を磨いておくことも必要です。たとえば、仕事の目標が何で、その目標をどうすれば達成できるか、その達成にはいかなる費用や時間がかかるのか、あるいはどういうリスクがあるのか、等々を一つ一つロジカルに考える思考力を磨いておくことが大切です。