自分から積極的にコミュニケーションをとる人

外資系転職に向けてコミュニケーション能力を鍛えよう

様々な国や地域の顧客とやり取りをする外資系企業の社員は、職種にもよりますが日本の企業と比べてコミュニケーション能力が重視される傾向があります。特に、自分から積極的にコミュニケーションを取ることができる人材は、中途採用者を受け入れている外資系企業の間でニーズが高まっています。最近では、求職者の語学のスキルを判断するため、外国人社員による英会話の面接を行ったり、グループディスカッションを実施したりする外資系企業が多くあります。また、営業や事務など人気が高い職種に転職をする場合には、英語の検定試験のスコアや海外勤務の経験などが厳しくチェックされることもあり、在職中から将来に繋がるスキルを磨くことがおすすめです。

英会話が苦手な人はスクールやオンライン教材を活用しよう

外資系企業に内定をもらうためには、ポテンシャルの高さだけでなく、一定の英会話の能力が必要となることがあります。たとえば、国内外で幅広い分野の事業に進出している外資系企業においては、将来の幹部候補を育成するために、中途採用者の選考基準が厳しく設定されるケースが少なくありません。そこで、スムーズに面接を突破するうえで、ビジネスレベルまで英会話の能力を高めておくことがおすすめです。また、英語でコミュニケーションを取ることに慣れていない人は、面接に苦労することがあるため、早い段階から語学の専門のスクールに通って外国人講師の指導を受けたり、社会人に人気があるオンライン教材を利用したりすると良いでしょう。